無担保ローンは本当に無担保なのか?

現在、無担保ローンは消費者金融だけでなく、銀行までもが提供するものとなっています。無担保ローンと聞くと、毎月の利息に補償金が含まれ、万が一の際は保証金から補填がされると考える方もいると思います。しかし、無担保ローンは無担保と言いながら、実質的には収入や財産が担保となっていることを理解する必要があります。

万が一が滞った場合、保証会社から保証を受けるのは銀行となり、契約者ではないのが実態です。そのため、返済が出来なくなったら債権回収会社に債権回収権が譲渡され、給与や財産の差押といったことが実行される可能性があります。つまり、無担保ローン自体はしっかりと担保になるものが存在するといったことになってしまいます。

住宅ローンの場合、各種保険付きのローンがあり万が一には返済が保険金から行われることとなり、住居や財産を失わずに済みます。ですが、カードローンやフリーローンの場合は、債務整理手続きをしてしまうだけで多くの財産を失うリスクがあります。

もし、家族に対して負担を掛けたくないといった方は保険特約付きのカードローンを契約することをおすすめします。現在では、都市銀行の一部において、契約者の万が一に備えたサービスが提供されています。また、銀行及び消費者金融のカードローンの場合、100万円以下の利用限度額になるケースが多いため、保険金で賄うことも可能です。ローンの返済を続けながら強制的に貯蓄が出来るサービスを利用するなど、将来に問題が残らない借り方が現在では必要になっています。